このサイトの運営について

当ビルは、アメ横発祥の地である

 戦後、極度の食料不足び悩む人々によって、自然発生的な闇市が誕生した。これがアメ横の始まりである。 その後近藤マーケットと呼ばれた頃、海外引揚者を中心に海産物、芋アメ、菓子類等食料品関係の業者が多数入居し賑わいを極めた。さらに駐留米軍の放出物資を扱う業者も加わり次第に芋アメからアメリカのアメ横へと微妙に変化していった。たまたま昭和24年末、隣接地よりの類焼で建物の大部分を焼失し、大打撃を蒙ったが、一夜にして応急店舗を作り、営業を再開した。当時の若くして雑草のようなエネルギーを秘めたアメ横の姿を彷彿とさせる歴史の一駒である。

  その後、ようやくにして敗戦の虚脱から抜け出し、日本経済の発展と共に、着実に業績を拡大、いわゆる「アメ横」の名声を高くした。さらに将来を見越し、協力して土地を取得、確保し、次の飛躍、繁栄を願って協議の結果、上野振興株式会社が設立された。昭和26年4月のことである。

 その後日本の復興と共に街並みも次第に整備されたが一方建物の老朽化が進み、特に周囲との不協和音が目立つようになった。加えて防災上の危険をしばしば関係官庁より指摘された。会社側としても、美観並びに空間の有効利用をするため幾度となく研究を試みたが、仮営業所の確保並びに権利調整等未解決の問題が多く建設計画が浮かんでは消えることが再々のことであった。 昭和40年代に入ると、各地に再開発の気運が盛り上がるようになってきた。アメ横にあっては、幸運にも前面ガード下国鉄変電所後(現アメ横プラザ)の利用が可能となり、近隣商店街のご協力によりアメ横地域再開発共同組合が結成された。同時に、東京芸術大学美術学部の御指導、台東区の格別なご配慮と全面的なご援助により開発許可を受け、上野振興株式会社・上野ストアー協同組合と二者共同ビルを建設する運びになった。一部には、庶民的で迷路のような旧建物を惜しむ声もあったが時勢には抗し得ず、56年5月、仮営業所に移転し建築へと踏み切った。 着工より1年5ケ月、今ここに内外に誇り得る新ビルは完成した。竣工式を挙げるにあたり、夫々、深い感慨を覚えると共に、末長い繁栄を願って一層の努力を誓うものである。因みに当ビルは、ほぼアメ横中心部にあり敷地面積一、308平方メートル鉄筋コンクリート造り地下二階地上五階延床面積7.067平方メートルである。最後にビル建築を夢に描きながら、この威容を見ることなく不幸にして亡くなられた方々とも喜びをわかち会い、深い感謝の念を捧げるとともに、権利調整に応じ、不本意ながら当ビルより去られた方、並びにこの事業に携われた関係者に謝意を表して、ここに記念として銘記する。

昭和五十八年一月十六日 上野振興株式会社

運営会社 アメ横センタービル協同組合
所在地 〒110-0005
東京都台東区上野4丁目7番8号
上野振興株式会社:03-3831-2754
アメ横センタービル協同組合:03-3831-0069
休館日 毎月第3水曜日(12月無休)
営業時間 AM10:00〜PM8:00